必殺仕事人2018 動画/スぺシャル藤田まこと 無料視聴/見逃し配信まとめ

必殺仕事人2018 動画/藤田まこと 無料視聴/見逃し配信まとめ

日本を代表する時代劇シリーズとして広く知られている、『必殺仕事人』。

もはや、知らない人は存在しないといっていいほど、有名なドラマです。

一般視聴者でもそうでしょうが、とくに、時代劇ファンという方であれば、これは見逃せませんよね。

さて、2018年1月に、『スペシャルドラマ 必殺仕事人』が放送されるということで、とても楽しみですよね。

いつもそうですが、今回はいったいどういう展開になっていくのか、おおいに気になります。

それでは、『スペシャルドラマ 必殺仕事人』のあらすじ、キャスト、見どころをチェックしていきたいと思います。

この必殺仕事人シリーズを今すぐ見たい方は

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカス

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」

 

で配信しています

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスは、実レンタル(宅配ポスト投函)+動画配信+旧作見放題

とスペックが高いうえに一カ月間の無料お試しキャンペーンしています

 

上記が無料となればお得感が高いです

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスの公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

宅配レンタルと動画配信ならツタヤ!30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

準新作、旧作のみ見放題です

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」に関しましては

ダウンロード(dl)再生で高画質streaminが楽しめて

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため必殺仕事人シリーズを自宅等で今すぐ見たい方に

向いています

NHKオンデマンドパックなど多彩な動画配信が楽しめます

「U-NEXT(ユーネクスト)」公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

*注意2018の配信は追って追記します

スペシャルドラマ 必殺仕事人ドラマの見どころ

『必殺仕事人』は、池波正太郎さんの小説が原作となっている、長寿時代劇ドラマ。

時代劇といえば、悪者を倒し、困っている人を助けるというイメージが強いことでしょう。

しかし、『必殺仕事人』の場合は、基本的に殺し屋の物語であるというところが、従来の時代劇とは大きく異なっている点となります。

仕事人たちが、殺し屋が本業というわけではなく、本来の仕事の裏で殺し屋をやっているという設定も、興味深いですよね。

さて、『スペシャルドラマ 必殺仕事人』の主演は東山紀之さんという豪華なものですが、東山紀之さん主演となったのは2007年のことで、もう11年となります。

そのほかのキャストの顔ぶれも、松岡昌宏さん、黒木瞳さんなど、かなり期待できるものとなっていますよ。

これまでにも数々の迫力あるストーリーを見せてくれた『必殺仕事人』ですが、最新作にも注目していきたいですね。

スペシャルドラマ 必殺仕事人ドラマの放送地域、放送時間

テレビ朝日
2017年1月7日(日曜日)午後9:00~

スペシャルドラマ 必殺仕事人ドラマ 公式予告youtube

スペシャルドラマ 必殺仕事人 ドラマのあらすじ

またしても、いつものように、復讐に燃える男が、復讐を依頼しに姿を現しました。

男が復讐したいのは、自分の娘の命を奪ったチンピラでした。

これを受けて、渡辺小五郎(東山紀之)ら仕事人たちは、さっそく仕事を開始していきます。

ところが、リュウ(知念侑季)が仕事をしようとしたとき、信じられないような出来事が起こります。

依頼者自身がチンピラを倒し、みずから復讐するという趣旨のことを宣言したのです。

仕事人は、依頼者に素顔を見られてはいけません。

そのため、渡辺小五郎は、男を斬るのでした。

一方、リュウは、あまりにも非常な仕事人稼業にウンザリし、その後、姿を見せなくなってしまいました。

そんななか、江戸の遊郭で、男による自爆事件という大騒ぎが起こってしまいます。

渡辺小五郎は、自爆前に男がおかしなことを語っていたということを、住之江彦左衛門(松尾諭)から聞くことに。

こうして、江戸を騒がせる事件をめぐって、渡辺小五郎らによる活躍が始まっていくことになります。

スペシャルドラマ 必殺仕事人 ドラマのキャスト

渡辺小五郎(東山紀之)

経師屋の涼次(松岡昌宏)

リュウ(知念侑李)

花御殿のお菊(和久井映見)

瓦屋の陣八郎(遠藤憲一)

住之江彦左衛門(松尾諭)

増村倫太郎(生瀬勝久)

渡辺こう(野際陽子)

渡辺ふく(中越典子)

すずらん(黒木瞳)

雀蓮(間宮祥太朗)

おりん(清原果耶)

壬生の幻楼(奥田瑛二)

スペシャルドラマ 必殺仕事人 ドラマのスタッフ

脚本:寺田敏雄

監督:石原興

ゼネラルプロデューサー:内山聖子

チーフプロデューサー:飯田新、武田功

プロデューサー:秋山貴人、渡邊竜、山田尚史

協力プロデューサー:森山浩一

音楽:平尾昌晃

スペシャルドラマ 必殺仕事人 ドラマについてのネタ話題など

『スペシャルドラマ 必殺仕事人』で、主人公の渡辺小五郎役を演じるのは、東山紀之さんです。

1979年に、ジャニーズ事務所に入り、1982年に、アイドルグループ・少年隊のメンバーとなりました。

1983年には、ドラマ『青春反逆児PART2』によって、俳優としてもデビューを飾ります。

その後は、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』『名奉行 遠山の金さん』『大岡越前』などといった時代劇から、『喰いタン』などといった現代劇にいたるまで、はばひろくドラマで活躍。

とくに、長寿作品の『必殺仕事人』、おなじくシリーズ化された『刑事7人』は、それぞれ主演作ということもあって、東山紀之さんの代表作となりました。

そんな東山紀之さんが『スペシャルドラマ 必殺仕事人』でどのような活躍を見せてくれるのかにも、注目していきたいですね。

スペシャルドラマ 必殺仕事人 ドラマのまとめ

『必殺仕事人』は、東山紀之さん主演作品ということで、すっかり定着してきた感があります。

それだけに、『スペシャルドラマ 必殺仕事人』の行方からも目が離せませんよね。

江戸を騒がせる自爆事件の真相の解明を、楽しみに待つことにいたしましょう。

さて、『スペシャルドラマ 必殺仕事人』を見逃してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

動画投稿サイトで視聴するということが思い浮かんだ人もいるでしょう。

しかし、その方法だと、法的な問題、パソコンの安全性の問題があるため、危険です。

安全に『スペシャルドラマ 必殺仕事人』を楽しむためには、公式の動画視聴サービスを活用いたしましょう。

必殺仕事人2018の見どころ

 

中村主水復活!とあるが、如何なる場面で現れるのかが楽しみな点です。

かなり昔の藤田まことさんの仕事人としての映像が久しぶりに見られるとはね~。

今回使われた藤田さんの映像が過去の仕事人のドラマの何時どこの部分で使われた映像か当てるゲームとしても面白いかもしれないですね。

仕事人で無い映像でも面白いかも?

番組情報を見てみると、娘を殺された父親が、飛龍組と言うヤクザに対しての仕事を依頼したみたいですね。

娘がどうして殺されたのか、叉、どの様な死に方であったのかは、見てのお楽しみみたいですね。

リュウ(知念さんが演じていましたでしたのかな~)が仕事人と言う仕事に疑問を感じて、今回ヘマをするとの事ですが、この問題を如何に解決していくのかも楽しみの一つではないでしょうか。

東山さんが演じる渡辺さんにも宿敵が現れるとの事ですが、誰が演じているのか、どの様な立場の人なのか、今回で決着が付くのか、次回に持ち越されるなども楽しみな点ではないでしょうか。

僕の予想では今回で決着でしょうか。大体年に一回の放送なので。後、松岡さんが演じる涼次が、どの様な場面でどの様な活躍をするのか、藤田さんとの絡みがあるのかも楽しみな点ではないでしょうか 。

 

必殺仕事人2018スぺシャルドラマあらすじ

シリーズ復活10周年!中村主水復活!江戸の町で自爆テロ!?必殺シリーズの真骨頂!時事問題を仕事人が斬る!そして渡辺小五郎には、因縁の宿敵現る…!!.

番組内容

娘を殺された父親の喜平が、渡辺小五郎らに仕事を依頼してくる。的は、町の賭場を牛耳るヤクザ者の飛龍組。小五郎、涼次、お菊、陣八郎はいつも通り金と引き換えに仕事を請け負う。だが、リュウだけは、世の中の理不尽さと裏稼業に手を染めることへの葛藤をいまだ拭えずにいた。そのリュウが仕事をしくじる。的にとどめを刺す直前、突然現れた頼み人・喜平に顔を見られてしまい…

出演者

東山紀之、松岡昌宏、知念侑李、和久井映見・野際陽子、中越典子・遠藤憲一 生瀬勝久、松尾論・黒木瞳・間宮祥太朗、清原果耶、奥田瑛二

引用yahooJAPAN+テレビ朝日

必殺仕事人2018の藤田まことさんは?

 

藤田まことさん演じる中村主水が主人公の必殺仕事人は、私が小学生のころに再放送などでよく放送されていて、母が時代劇好きだった影響で私も小さいころからよく見ていました。

時代劇では悪者の悪事を影で暴いて退治するといったところはよく見ていましたが、この必殺シリーズはいろいろな業種の町のどこにでもいる人たちといった人たちがその職業にちなんだ業で悪を懲らしめるといった、その道ならではの匠の技みたいなものも感じて、小さいながらにかっこいいと感じてテレビにかじりついて観ていました。

中村主水は仕事をするときにはとてもかっこよくて腕のたつ侍ですが、家に帰ると婿という立場で、お嫁さんとお姑さんの尻に敷かれているというギャップがとてもおもしろくて、夜遅い時間に仕事は行われるので、こっそりと仕事を終えて家に帰るとお姑さんがいつも待ち構えていて「婿殿」と呼び止められた時の主水の様子などが今でも忘れられません。

毎回、話の終わりに主水の面白いシーンで終わる感じだったイメージがあります。

今では藤田まことさんがお亡くなりになってしまい、昔の必殺シリーズのような雰囲気ではないものの、新シリーズが続いています。

時代が変わり少し違う雰囲気の必殺仕事人ですが、今でもまだ国民から愛され続けている作品なんだなと感じます。