ドクターズ 最強の名医4 動画 無料2018視聴/見逃し配信/再放送1月4日

あのDOCTORSが、スペシャルドラマで帰ってくる。これは要チェックですね。

これまでもシリーズになっていた人気ドラマでしたが、
病院の院長役だった野際陽子さんが亡くなった事でもうDOCTORSは続編はなくなるのかもしれないと思っていました。

甥っ子の卓を可愛がりつつも、悩まされる院長の存在は欠かせないと思っていたので諦めていました。

作品が続く中で野際陽子さんは生きているというのも素敵な言葉だと感じました。

本記事ですが

・ドクターズのドラマのVODサービスでNHKオンデマンドが放送後、すぐに見えるauビデオパス国内最大のビデオマーケット、U-NEXTの紹介

 

・ドクターズのみどころやキャスト、志尊淳さんの女装の面白さや感想ネタバレについて書いています

 

もうU-NEXTやビデオマーケット、auビデオパスのことを知っている方は

下記より公式サイトに行けます

auビデオパス公式サイトは下記です

↓ ↓

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 


U-NEXT公式サイト

 

↓ ↓

 

 


ビデオマーケット公式サイト

 

↓ ↓

 

 

ドクターズ第1話公式あらすじ

 

番組内容

堂上総合病院は、森山“新”院長(高嶋政伸)と彼が連れてきたうさん臭い経営コンサルタント・猿渡(手塚とおる)の手により大混乱!おかしな方向へと暴走しようとしていた…。

そんなある日、相良(沢村一樹)を訪ね、先天性胆道閉鎖症を患う少女・美都(鈴木梨央)が来院。彼女は生体肝移植手術を必要としており、彼女の両親はその手術を相良に依頼。

しかし、猿渡の入れ知恵で森山はこの患者の受け入れを拒否…波乱が巻き起こる!!

出演者

沢村一樹、高嶋政伸、比嘉愛未、黒川智花、宮地雅子、正名僕蔵、滝沢沙織、敦士、斉藤陽一郎、尾崎右宗、阿南敦子、浅利陽介、小野武彦、伊藤蘭、野際陽子
ゲスト
松坂慶子、石橋蓮司、手塚とおる、鈴木梨央 ほか

 

ドクターズが見えるVOD

 

U-NEXT

U-NEXTは高画質streamin再生が可能です

 

ダウンロード(dl)再生もできるためパケット料金も助かりますね

 

U-NEXTは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため女子的生活が無料お試しキャンペーンでみれます

U-NEXT公式サイト

 

↓ ↓

 

 

 

ビデオマーケット

 

ビデオマーケットの魅力は、その場面に応じて、画質切り替え機能があります

 

[高画質][標準画質][プラチナ画質]。。あります

 

作品数は日本最大級であのU-NEXTの1.5倍あります

 

そのため探してない作品はない!という感じです

 

 

ビデオマーケット公式サイト

 

↓ ↓

 

 

 

番組内容

堂上総合病院は、森山“新”院長(高嶋政伸)と彼が連れてきたうさん臭い経営コンサルタント・猿渡(手塚とおる)の手により大混乱!おかしな方向へと暴走しようとしていた…。そんなある日、相良(沢村一樹)を訪ね、先天性胆道閉鎖症を患う少女・美都(鈴木梨央)が来院。彼女は生体肝移植手術を必要としており、彼女の両親はその手術を相良に依頼。しかし、猿渡の入れ知恵で森山はこの患者の受け入れを拒否…波乱が巻き起こる!!

引用テレビ朝日

出演者

沢村一樹、高嶋政伸、比嘉愛未、黒川智花、宮地雅子、正名僕蔵、滝沢沙織、敦士、斉藤陽一郎、尾崎右宗、阿南敦子、浅利陽介、小野武彦、伊藤蘭、野際陽子

ゲストキャスト

松坂慶子、石橋蓮司、手塚とおる、鈴木梨央 ほか

 

DOCTORS ドラマの放送地域、放送時間

放送局名
2018年1月4日(木曜日)午後9:00~

DOCTORSドラマについてのネタ話題など

 

卓ちゃんのママが初めて登場するという事で早くも話題になっていました。

あの卓ちゃんですから、どんなに親から甘やかされて育ってきたことか。

そのママを演じるのは松坂慶子さんというのも気になります。彼女の持つ優しい雰囲気で、どんな息子への溺愛ぶりをみせてくれるのか、卓ちゃんとのやりとりが楽しみで仕方ありません。

しかもそのママに手術をすることになるかもしれないというのは必見ですね。

DOCTORS ドラマのまとめ

 

なんと卓ちゃんが院長になってしまうというのは驚きの展開です。

もう院長代理で浮かれていた頃とは違うわけでしょうけれど、やはりその就任によって病院はたちまち経営がピンチになるようなので、
そこでの相良先生の活躍も気になります。今回はどんな風に裏で手をひくのでしょう。
患者に見せる顔、医師としての裏側など、沢村一樹さんがとんでもなく素敵なんですよね。間違いなく、沢村一樹さんの代表作のひとつと言えると思います。