紅白歌合戦 2017 動画 X-JAPANフル配信pandora

紅白歌合戦 2017 動画 X-JAPANフル配信はpandoraなどでは秒殺されてインターネット上から

削除されます。

 

見逃したテレビドラマを見る方法として、NHKオンデマンドの見逃し動画が31月間の無料お試しキャンペーンしている

 
U-NEXTで配信されます

【NHK第68回NHK紅白歌合戦】の配信は1月15日(月)で配信終了しました

 

詳しい状況は下記公式サイトにて!

 

U-NEXT公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

 

紅白歌合戦 2017 動画みどころ

<h4紅白歌合戦 2017 動画 X-JAPANフル配信>X JAPANについて

 

応援したい歌手は、XJAPANです。

理由は、XJAPANは、どんな困難に見舞われようとも、前に前に進んでいくアーティストだからです。

今回もYOSHIKIが首の手術をしたばかりで、ドラムがたたけない中、出場するのかどうか心配していました。

そうしたら、出場することを知ってほっとしました。

そして、選んだ曲がENDLESSRAIN.ENDLESSRAINは、XJAPANのバラードの名曲ですが、この曲はドラムはリズムを刻むだけなので、いつもバックで他の人が演奏している曲で、メインはピアノなので、YOSHIKIはピアノだったら、今も弾けるのでこの曲での出場となったのだと思います。

自分の首の状態が悪いから出場中止ではなく、ピアノだったら弾けるのでピアノで出場というところに、自分のできることで、いつでも前に前に進んでいくというところが本当に素晴らしいです。

また、年齢的にもかなりベテランの域に入ってきたXJAPANですが、Toshlの澄んだハイトーンボイスは健在で、この声を維持するために普段もマスクをするなど、健康に気を遣っていることも見受けられます。

自分より年上の人が頑張っている姿は自分もまだまだやれるという気を起こされてくれるので、いつも尊敬しているバンドです。

 

竹原ピストルさんについて

 

今年の紅白で応援したい歌手は初出場の竹原ピストルで、出場曲は「よーそこの若いの」です。

もともと竹原ピストルは、1999年にハマノヒロチカと野狐禅というデュオを結成し1999年に山崎まさよしなどが所属するオフィスオーガスタからデビューしました。デビュー曲は「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」というタイトルであり、独特の世界観やストレートな歌詞が注目されていました。

松本人志などからも評価されていましたが、2009年に解散。

以後もソロのアーティストとして活動するとともに俳優として松本人志監督の「さや侍」に出演するなど俳優として活動していました。

「さや侍」では主題歌も担当しています。インディーズでの活動を経て、2014年に再度オフィスオーガスタに所属し、メジャーでの活動を再開しました。

そんな彼の「よー、そこの若いのは」は2015年に配信シングルとして発売されましたが、某生命保険会社のCMタイアップとして注目を集めました。

俳優業でも2016年に「永い言い訳」でキネマ旬報ベスト・テン主演男優賞やアカデミー賞優秀助演男優賞を獲得し、2017年はBOSSのCMに出演するなど、注目が集まっているなかでの紅白初出場となりました。

メッセージ性の強い曲が、紅白歌合戦の舞台でどのように歌われるか楽しみです。