箱根駅伝 動画/無料 2018インターネットはhuluで視聴

箱根駅伝 動画 2018無料インターネットはhuluで視聴

 
今回は、1999年から4連覇し21世紀最強と謳われた駒澤大学の復活の大会です。

ユニバーシアード台北大会ハーフマラソンの代表4人のうち3人がを輩出し、1、2位を駒澤の片西、工藤が占めました。

全日本駅伝では、青山学院大学を過大評価し1区のレギュラークラスの伊勢を外して片西を起用したのが、裏目にでてしまいました。

片西は距離が長いほど力を発揮する選手で、全日本ではずば抜けて距離の長いアンカー区間に回すべきでした。

箱根駅伝は二週間の無料お試しキャンペーンのhuluで配信されます

二週間の無料お試しキャンペーンのため、往路、復路フルに見ても、無料視聴できます

箱根駅伝 動画 2018無料インターネットは

 

Huluは月額料金933円で、全部見放題です。

放送中のドラマや映画、アニメのほか、スポーツ中継やアーティストのライブまで多彩なジャンルが楽しめます。

Huluオリジナルドラマや放送中ドラマのスピンオフ番組なども続々配信中です。

Huluプレミアムでは海外の注目作品が日本「初上陸」で配信されています。

ファミリーアカウントで家族の間でもプライバシーが保たれます。

Hulu二週間の無料お試しキャンペーン公式サイトは、下記です

 

 

箱根駅伝 動画 2018無料インターネット:予想

 

 

神奈川大学がユニバーシアード3位の鈴木をアンカーに回し、他の区間で以外にも健闘したため、優勝をさらいましたが、青山学院の2区田村という奇策にまどわされず、1区伊勢、アンカー片西でいけば、優勝の可能性は高かったはずです。

駒澤はコーチにあの藤田敦史をむかえ、長い距離の強化に成功しました。

上記選手の他にも中西・加藤・堀合など好調な選手をそろえ、前回経験者が多いのも強みです。優勝候補の筆頭でしょう。

対抗としてはやはりあの佐久長聖高校を全国屈指の強豪校に育て上げた両角監督率いる東海大学でしょう。

5000m13分台が16人もいるというのは、今まで聞いたことがありません。

極限まで身体を絞り込み故障者が出やすい冬季のレースでこのそうの厚さは脅威です。

ただスピードランナーをそろえていますが、20km以上の長丁場で力を発揮できるかは未知数です。

青山学院は監督があのようにチャラくては、神奈川大学に先着することは難しいでしょう。

順位予想は、1位駒澤・2位東海・3位神奈川・4位青学です。

 

箱根駅伝楽しみ

 

お正月の風物詩といえば箱根駅伝。

素人だからこその駅伝だからこそ何が起きるのか最後まで分かりません。

毎年ドラマが生まれています。

さて2018年の優勝校を予想したいと思います。

2015年から3年連続で青山学院大学が優勝しています。

しかし2018年の優勝大学には東海大学を推しています。

というのは最近の東海大学の成績があまりに好調だからです。

(全日本大学駅伝2位、出雲駅伝優勝)ちなみに青山学院大学は全日本大学駅伝3位、出雲駅伝2位です。

微妙に下がってますよね。

このまま東海大学の運気が上昇しそのまま優勝を期待しています。

ところでなぜ東海大学がこんなに強いのかと言うと全国高校駅伝の1区の上位6人中5人が東海大学に入学しているからです。

山の神が誕生する厳しいレース運びになる上り坂の5区にも1年生が走るのではないでしょうか。

しかし箱根駅伝は過酷なレース構成になっているため経験がものを言うレースとも言えます。

そのため青山学院大学のレース運びにも目が離せません。

唯一気になるのは東海大学は箱根駅伝経験者が少ないことです。

ということで予想は僅差で1位東海大学2位青山学院大学かその逆を予想しています。

めちゃ結果が楽しみです^^