ガキ使 2017 動画 フル/無料視聴hulu見逃した!

ガキ使 2017 動画 フル/無料視聴hulu見逃した!

 

とにかく、腹を抱えて笑いたい人が無条件でTVリモコンを押してしまうのがガキ使”笑ってはいけない”シリーズ。

 

実は、計算された法則があり人気の理由には意味もあるガキ使なんです。

それが…。

よく知らない人がゲスト出演してるけど…面白い次元を超えてるから毎年見てしまうパターンですね。

この流れでも巻き込みながら、気が付けば年越しスタイルは遂に12年目となっています。

見ないと損する番組に成長した”笑ってはいけない”シリーズ。

あらゆるチャンネル数が戦いを挑む中で、今年もおじさん達の歓喜と悲鳴は伝説になりますな。

 

ガキ使の見逃し配信はHulu

 

Huluは月額料金933円で、全部見放題です。

放送中のドラマや映画、アニメのほか、スポーツ中継やアーティストのライブまで多彩なジャンルが楽しめます。

Huluオリジナルドラマや放送中ドラマのスピンオフ番組なども続々配信中です。

Huluプレミアムでは海外の注目作品が日本「初上陸」で配信されています。

ファミリーアカウントで家族の間でもプライバシーが保たれます。

 

ガキ使見放題hulu公式二週間の無料お試しキャンペーンはこちら

 

過去のガキ使はTSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスもおすすめ

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスは、レンタル待ちなしになっています

 

いろんなコースありますが、dvdレンタル+旧作借り放題+1080ポイント動画視聴(dvdレンタルより先行配信されます)

の一カ月間の無料お試しキャンペーンがいいです

再入会も適用特典もありますね

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカス公式は下記です

 

 

老いを感じさせるメンバー達のアジが出すぎがGOODです。

 

*当サイトは肖像権保護のため、ガキ使出演タレントさんはじめ日本テレビ画像を無断で画像引用などや無断でツイッターの引用などは控えております。

ご理解のほどよろしくお願いします
 

ダウンタウンさん。

ココリコさん。

月亭方正さん。

記念すべき初回から見ていると…確実に老いを感じさせます。

正確にカウントすれば、15回目になるシリーズだから当然なんだけど…。

この老いを笑いに変換した技術力は,毎年の見せ場になっているのは気が付いている人いるかな?

お肌のハリが減り、シワも出てきたダウンタウンの2人がお約束な仕打ちで頑張るのは健気でカワイイとも感じます。

しかも、毎回寒いロケなのに…浜田雅功さんの”ミニスカとおかっぱズラ”は笑わない人はいないはずです。

こんな、お約束なコスプレと”程よい老い”がバランス良く配合される笑ってはいけないシリーズ。

改めて感謝したい番組。

どんな苦痛な表情さえ、大笑いに転換出来る5人が大晦日に揃うのは希少価値映像だなと感じるよね。

 

ガキ使の放送時間

 

日本テレビ
2017年12月31日(日曜日)午後6:30~

 

偉い人なのに、変わらないのが良い藤原寛さんですね。

 

「えっ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー社長!?」

ガキ使では、裏方さんなのに前面に出て”必死な姿勢”が好印象な藤原寛さん。

大変失礼だけど…決して器用な方には見えないのもベテランから好かれるのも分かる気がしますよ。

「過剰マネージャー!」

変なニックネームまで付いてますが、心遣いが並外れた素質だからこそ”社長”としての地位があると確信しましたね。

飾る事ばかりを気にする”流行りな社長”は多い現在に、日本の心である”もてなしや感謝”がにじみ出る藤原寛さん。

冷静に考えれば、当然な地位であり努力家ですからね。

久しぶりに…カッコいい社長を見つけて嬉しいおじさんでした!

 

ロケ当日バス移動では、無口になるらしいベテラン芸人さん達

 

アメリカンポリス(ダウンタウン・浜田雅功さん)

アメリカンポリス(ダウンタウン・松本人志さん)

アメリカンポリス(月亭方正さん)

アメリカンポリス(ココリコ・遠藤章造さん)

アメリカンポリス(ココリコ・田中直紀さん)

 

年末近くなると…騒がれる番組終了説を解明したいですな。

 

よくある理由としては…不仲説・スタッフの信頼関係・マンネリ説が上る候補になってますね。

確かに、実力があるベテラン5人だけど…シメでもある年越を体を張る姿はカッコイイと思わせてくれます。

世の中に落とされる起爆剤としても、有意義な経験が出来る5人がヤメル訳ないはずだしなぁ。

そして、マンネリ説も上位候補になってるけど…。

彼らのお笑いの基本は大阪魂です。

更に大阪では、しつこいギャグを繰り返す”てんどん”と呼ばれる秘儀も存在しますね。

これは、関西だけでは無く…関東でも知られた伝統芸能でもあります。

それに、吉本新喜劇では”てんどん”×”てんどん”のバトルで笑いの増幅が期待以上の答えになっているのは明白です。

マンネリ説!?

いいえ。

結論としては、期待に答える笑いに必ず”てんどん”が必要な事だと理解して頂けたでしょうか?

ポコポコヘッド!

かい―の!

○○○ドリル!

分かっていても我慢出来ない爆笑を誘う””てんどん””ですからね。

 

親子で楽しめるエンタテイメントが、ここにあるよ!

 

インターネット普及で、親子で会話する機会がめっきり減ったお父さんは多いと感じます。

例え家族が集まる年越しでも、会話に華が無いと嘆く家庭もいるかも知れませんな。

そこに、救世主の笑ってはいけないシリーズが到着して14年目となりました。

その年に生まれた子供でも、もう中学生になっていますよね。

実は、里帰りした甥っ子と我が兄は恒例行事として親子で笑いコケています。

「幸せだなぁ⤴」

見ていて、そう感じさせる5人のベテラン体張りは心地良いいそよ風にも例えれる気がしますよ。

何か、綺麗に納めるつもりは無かったけど…ここにある幸せを提供してくれる”絶対に笑ってはいけないシリーズ”には感謝ですね。