昼顔 映画 動画 フル/無料hd高画streamin/fod/u-next/auビデオパス感想

昼顔 映画 動画 フル/無料hd高画streamin/fod/u-next/auビデオパス感想

 
フジテレビのお昼過ぎに放送されていたドラマ「昼顔」は、不倫のドラマで大人気でしたね

芸能人が以前「不倫は日本の文化でもある」と言って窮地に立たされていたことがありますが、昼顔ははそれを体現するドラマでもあったように思います。

不倫という意味ではバッシングされても良いのでしょうが、むしろたくさんの人から支持されて、続編が映画化されました。
さわこを演じた上戸彩の雰囲気は、一般の主婦などの女性の共感を産むイヤミの無い素直なもので、見ていてせつなくなります。

そんな、昼顔の映画ですがauビデオパス、u-nextは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているので無料視聴できます

 

昼顔ですが映画化されたわけですが、ドラマも大人気ですね

 

本記事では、映画の動画などを無料視聴する方法について書いていきたいと思います

 

基本的に

 

フジテレビオンデマンド(FOD)

 

 

auビデオパス

 

 

U-NEXTなどが『昼顔]が動画視聴できるサービスです

 

 

昼顔映画動画予告

 

 

 

昼顔の見どころ

 


 

最近はやりの不倫をテーマとしていて、とてもドキドキしました。

特に斎藤工のエロティックな表情や仕草は自分が主人公の様な気持ちになれます。

ドラマでは近所の利佳子に影響されて不倫をはじめ、斎藤工も乃里子と仲良く暮らしているのにもかかわらず、お互いをもとめてしまう二人がとても官能的で素敵です。

斎藤工の迷いや紗和の苦しい家庭状況など様々な事がからみあってお互いを結んでいてとても不思議でした。

このドラマの中に描かれている人々はどこか今の状況や家庭、一人の男性、女性に満足できない気持ち。

そういった、埋まらない気持ちを不倫という形で丸く収めようとしている様に感じました。

また不倫がばれた後も、追及する人、離婚する人、それでも関係を泣いて、笑って続けていく人色々な人たちが描かれていて見どころの一つな気がします。

また私は特に利佳子がこの中でも好きで利佳子の毒々しい部分や、だけど好きな人をつなぎとめていたい女性的な部分がとてもこのドラマを盛り立てているように思いました。

不倫はよくないし、しない世界があるなら恋愛をしていてどれだけ楽かとも思いますが、やはり誰かを求めたり、食べたくなってしまうものなのだとこのドラマを見るたびに思わされます。

 

昼顔 映画 動画のキャストについて

 

斎藤工さん

 

私が斎藤工さんを知ったきっかけが、三浦春馬主演の「僕のいた時間」というドラマでした。

初めて見たとき、なんて男らしい方なんだろう!と思って見ていました。

その時の役柄もあるかもしれませんが、とにかく男性らしい印象でした。

身長が高く、ガタイもしっかりしていて男っ気があります。

あの肌の黒さも男性らしさがあります。

また、あの低音ボイスも魅力的で、優しい声の感じがたまりません。

あと斎藤工さんといえば、お笑い芸人の「永野」が好きで推していました。

それがきっかけで結果、永野が売れるようになったのだとか!?

あんなにクールな斎藤工さんが永野推しとは…とてもびっくりしたし、イケメン俳優の意外な部分もあって、またそれもギャップを感じ、素敵に感じます。

最近では映画の昼顔に出ていますが、これもまたいい感じに演じています。

真面目な教師が不倫…という役ですが、終始ほぼポーカーフェイスで何かに熱中する様は、ファンにとってはたまりません。

斎藤工さんは普段着だろうとスーツだろうと何の洋服でも似合うのが素晴らしいです。

クールだけれども、ふとしたときにみせる笑顔はよけい女性の心をくすぐります。

もっともっと恋愛系のドラマに出て、彼の男らしい部分を全面的にみたいなぁと感じます。

 

上戸彩さん

 

上戸彩さんは、かわいらしい雰囲気と明るい演技からシリアスな演技まで幅広くできる女優さんです。

若いころから女優としての頭角を現し、2003年の高校教師では、高校教師が好きになるヒロインの高校生という難しい役どころを演じています。

2006年のアテーションプリーズでは、おっきょこちょいでかわいいスチュワーデスさんの成長を一生懸命演じる姿は好感が持て、単発の続編も制作され大変面白くみていました。

2010年の絶対零度は、シリーズ化され、未解決の事件を解決する真面目で芯の強い刑事役をやっており、北大路欣也さん演じる室長との掛け合いもうまくこなしていました。

2010年流れ星では、風俗嬢で、ドナーとなるため竹野内豊さんと疑似結婚をするシリアスな役を演じており、童顔の顔の中にもきらりと光るものがありました。

2013年の半沢直樹では、主人公の堺雅人を支える明るい奥様役を演じて、銀行の男性中心の重たいドラマの中に、一息つかせる花を添える役目をしていました。

2014年の昼顔では、不倫をする普通の主婦を演じ、不倫相手の斎藤工さんと不倫に至るまでの心が揺れ動く様子や、不倫にのめりこんでしまう様子を見事に演じきりました。

結婚されたこともあり最近ドラマに出てこないのが寂しいですが、昔のトレンディドラマに出ていた女優さんも、最近、母親役などで活躍されており、上戸彩さんもそろそろ復活されるのではと楽しみにしています。