東京喰種 映画 動画 フル/無料/FOD/auビデオパス/U-NEXT

東京喰種トーキョーグールですがauビデオパス、u-nextは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているので無料視聴できます

 

東京喰種トーキョーグールですが映画化されたわけですが、アニメ原作もも大人気ですね

石田スイ先生の漫画が原作です。人間を食べる、食べられる、またその食べる側の葛藤や戦いがかかれています。

なので、グロいと感じる人もいるかもしれません。

累計が2300万部を越えている程の人気の高いコミック、その実写映画化ということで、特に注目を特に集めたのはキャストだと思います。この内容を実写で映画でやるというのは正直驚きもありました。

この映画を観てみたら、キャスティングを素直に良かったと思えました。

電子書籍は、yahooのアカウントでFODプレミアムに入会すると

入会日から31日間無料見放題+1300円分の映画や電子書籍で使えるポイントがもらえます

 

本記事では、映画の動画などを無料視聴する方法について書いていきたいと思います

 

 

 

フジテレビオンデマンド(FOD)公式サイト

 

↓ ↓

 

 

auビデオパス公式サイト

 

↓ ↓

 

 

U-NEXT公式サイト

↓ ↓

 

 

東京喰種トーキョーグール映画動画予告

 

東京喰種トーキョーグールの見どころ

 

 

タイトル 映画の評価

みどころ
一番のみどころは、普通の人間だったカネキが人間を食べる側のグールになってしまったことにより、
過酷な運命をたどっていくストーリー。
辛さや葛藤、普通に生きていた事のありがたみなどを感じます。
もうなんといっても、主役のカネキを演じる窪田正孝さんがとにかく凄いです。
もうそれだけでも人にこの英語をオススメ出来てしまう程。
窪田さんだからこそ、こんな風な気持ちで観られたとも思いました。

タイトル 映画のあらすじ

タイトル 映画に対する期待

窪田正孝さんが主役というのは楽しみでした。蒼井優さんの演技も引き込まれるので、この二人のシーンは絶対に見応えがあるはずだと思いました。
どちらも演じるのは非常に難しいキャラクターだと思うのですが、期待が持てました。実際にとても良かったです。
原作のイメージがあったけど、かなり納得でした。これから原作を読むときは、頭のなかでこの声でセリフが再現される位のはまり役に思いました。

タイトル に出演されている窪田正孝さんについて

出演者だけでなく話題やネタでもかまいません。
デスノートの実写のドラマで主演だった窪田正孝さん。僕たちがやりましたもそうですが、イメージが強くなりがちの漫画のキャラクターでもとても上手く演じられて凄い才能だと感じます。
カネキを演じるにあたって、役を作り込みすぎない事を意識したというのは意外でした。
色んな人との出会いや事件によって、カネキの人格が出来ていくということからそうしたようです。
そうして、窪田さんによるカネキが形成されていったわけなのですね。

窪田さんは以前、テレビのトークバラエティに出演されて、その会話の中で潔癖性だと言われていました。お風呂の水滴なども拭き取るという話なので、神経質な所もあるのかもしれませんね。そういう所が彼の演技をより高めるのに役立っているのでしょうか。
細かい所までしっかり吸収して演技ができるのかも。
ただ、潔癖性だとすれば
吐いたり、なめられたり、食べ物をガツガツ口にいれたりするシーンもあったので
もしかしたら大変だったかもしれませんね。

タイトル 映画に対する期待・感想など

窪田正孝さんの演技にひたすら引き込まれました。とにかくそれが一番の感想です。
蒼井優さんのリゼは怖かったです。彼女は本当に凄いですね。だからこそリゼの恐ろしさが漫画以上だったようにも思いました。これ、子供の頃の自分が観たら確実にトラウマになるなと思います。恐ろしいし、迫力がありました。
トーカが清水富美加さんというのを最初に聞いたときは、自分の中では漫画のイメージとは違うかなと思ったのですが
彼女の演技力の高さにハッとさせられました。そこにいたのは、まさにトーカだと感じました。
大泉洋さんはバラエティーでの面白い人のイメージが強いので、観るまでは
コスプレした大泉洋さん、という感じにならないのかとも思いましたが
なかなかのハマり具合だったことにも驚きました。

タイトル 映画のまとめ

実写映画になると聞いた時は、内容的に大幅に変更がありそうだなと予想したのですが
結構原作をしっかり再現した感じの内容でした。
アクションシーンも気合いが入っている感じで、これは頑張っただろうなと思いました。
グールは人間を食べる生き物だけど、グールの苦悩や辛さが描かれていて
グールに感情移入して観ました。
人間だったからこそのカネキの苦悩する心情や苦しさがしっかり表現それている映画だと思いました。